違法な、債権の取立て行為とは・・・ | 過払い金の相談、過払い請求のことなら弁護士法人 二見・山田総合法律事務所

HOME > 債務整理 > こんな時どうする?トラブルシューティング|違法な、債権の取立て行為とは・・・

違法な、債権の取立て行為とは・・・

貸金業法では、金融会社などが債権の取り立てを行うにあたって、 人を威迫しまたはその私生活、もしくは業務の平穏を害すような言動により、 その者を困惑させてはならないと規定して、取立て行為を規制しています。

この規制の対象は、消費者金融だけではなく、消費者金融会社から取立ての委託を受けたものや、 債権を譲渡されたものまで含まれます。 よって、次のような行為があった場合には、消費者は警察へ刑事告訴し、監督行政庁に対して、 行政処分を求めることができます。

違法行為

1 暴力的な態度をとること。
2 大声をあげたり、乱暴な言葉を使うこと
3 多人数で押しかけること。
4 正当な理由なく午後9時から午前8時の間に電話・電報または訪問すること。
5 反復または継続して電話・電報・訪問すること。
6 はり紙・落書きなどで借入の事実、プライバシーを明らかにすること。
7 勤務先を訪問して債務者や保証人を困惑させること。
8 他の業者から借入れ、クレジットカードによる弁済を要求すること。
9 支払い義務のない者(両親・子供)に請求したり取立ての協力を必要以上に要求すること。
10 弁護士から代理権受任の通知を受けた後に委任者である債務者または保証人に対して、正当な理由なく直接支払請求すること。
11 債務者や保証人が調停申立てなど訴訟手続きをとったことを通知した後に、これらの者に対し正当な理由なく直接債権の取立てを行うこと。
12 その他正当とは認められない方法によって、請求または取立てること。

※ 以上のような行為は、あきらかに規定に違反することになります。
   よってこのような取立てがあった場合は、勇気をもって対応することが必要です。

債務整理・自己破産・民事再生

債務整理・自己破産・民事再生

過払い・債務関連最新情報
人ごとではない多重債務
多重債務者周辺に巣食うハイエナの実態
債務のことでお困りならまずは無料相談
債務整理等の無料相談
二見・山田総合法律事務所 電話番号

【弁護士法人 二見・山田総合法律事務所 監修・運営サイト】

これでわかる!遺産相続・事業継承は、遺産相談.com
遺産相続について、より詳しくわかります!

士業チームが離婚トラブルをフォロー。離婚コンシェルジュ.com
離婚問題でお悩みならコチラ!

様々な債権を最善な方法で解決。債権回収.jp
債権回収の解決はコチラ!

事業再建・企業再生なら事業再建.jp
事業再建・企業再生をお考えの方へ